四季報記者が選んだ2021年度大バケ期待の10銘柄(3月24日)

ココナラ<4176>
19日にマザーズ市場に新規上場し、公開価格1200円に対して2300円で初値を形成し、初日は2599円で取引を終えたが、上場2日目となるこの日は、朝方から順調に買いを集めている。同社は、個人のさまざまな分野の知識・スキル・経験に基づくサービス・役務をユーザー間で売買するマーケットプレイス「ココナラ」の運営が主な事業で、足もとではビジネス利用の多い制作・ビジネス系が伸びており、ビジネス系の伸びによる業績拡大のほか、直近IPO銘柄ならではの値動きの軽さへの期待が高まっているようだ。

<3030> ハブ
ミクシィ<2121>との資本・業務提携を発表、ポジティブなインパクトにつながった。ミクシィが約10億円の第三者割当増資を引き受け、筆頭株主となる。同社では英国風居酒屋でスポーツ番組を配信しており、ミクシィが取り組んでいるスポーツ関連コンテンツ拡充におけるシナジー効果などを期待している。また、ロイヤルHDが保有株の一部をTech Growth Capitalに譲渡することも発表した。

船井電機 <6839>
21年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常損益は7.7億円の黒字(前年同期は14.7億円の赤字)に浮上し、通期計画の15億円の赤字をすでに上回った。会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した1-3月期(4Q)の連結経常損益は22.7億円の赤字(前年同期は1.1億円の赤字)に赤字幅が拡大する計算になる。

バーチャレク <6193>
21年3月期の連結経常損益を従来予想の1億2000万円の黒字→1億7500万円の黒字(前期は1億9100万円の赤字)に45.8%上方修正した。今期業績の上方修正は1月に続き、2回目。アウトソーシング事業で業務受託量が増加したほか、IT&コンサルティング事業で追加案件を受注したことが寄与。コスト削減や稼働率上昇なども上振れに貢献する。