四季報記者が選んだ2021年度大バケ期待の15銘柄(8月15日更新)

Robot Home <1435>
今期経常を4.1倍上方修正。「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載解消。また、発行済み株式数(自社株を除く)の1.4%にあたる130万株(金額で2億円)を上限に自社株買いを実施する。

ベルテクスコーポレーション <5290>
今期経常は1%増で3期連続最高益更新へ。発行済み株式数(自社株を除く)の2.28%にあたる20万株(金額で5億5000万円)を上限に自社株買いを実施。また、6月30日付で150万株の自社株を消却する。

オリックス <8591>
前期税引き前は30%減益で着地・1-3月期(4Q)税引き前は26%増益、今期業績は非開示。前期配当を2円増額・今期も78円継続へ。また、発行済み株式数(自社株を除く)の4.1%にあたる5000万株(金額で500億円)を上限に自社株買いを実施する。

ケアネット <2150>
21年12月期の連結経常利益を従来予想の16.9億円→22.2億円に31.3%上方修正。増益率が12.4%増→47.5%増に拡大し、従来の5期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。製薬企業におけるMR(医薬情報担当者)の医療機関への訪問自粛が続くなか、医薬営業支援サービスの受注が増加し、売上高が計画を27.7%も上回ることが利益を押し上げる。