四季報記者が選んだ2021年度大バケ期待の15銘柄(8月15日更新)

Robot Home <1435>
今期経常を4.1倍上方修正。「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載解消。また、発行済み株式数(自社株を除く)の1.4%にあたる130万株(金額で2億円)を上限に自社株買いを実施する。

ベルテクスコーポレーション <5290>
今期経常は1%増で3期連続最高益更新へ。発行済み株式数(自社株を除く)の2.28%にあたる20万株(金額で5億5000万円)を上限に自社株買いを実施。また、6月30日付で150万株の自社株を消却する。

オリックス <8591>
前期税引き前は30%減益で着地・1-3月期(4Q)税引き前は26%増益、今期業績は非開示。前期配当を2円増額・今期も78円継続へ。また、発行済み株式数(自社株を除く)の4.1%にあたる5000万株(金額で500億円)を上限に自社株買いを実施する。

ケアネット <2150>
21年12月期の連結経常利益を従来予想の16.9億円→22.2億円に31.3%上方修正。増益率が12.4%増→47.5%増に拡大し、従来の5期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。製薬企業におけるMR(医薬情報担当者)の医療機関への訪問自粛が続くなか、医薬営業支援サービスの受注が増加し、売上高が計画を27.7%も上回ることが利益を押し上げる。

四季報記者が選んだ2021年度大バケ期待の15銘柄(4月2日)

トランザク <7818>
21年8月期上期(20年9月-21年2月)の連結経常利益を従来予想の10.2億円→16.3億円に60.4%上方修正。従来の10.4%減益予想から一転して43.6%増益見通しとなった。EC事業の強化・拡大を軸に新製品を投入し、売上高が計画を上回ったことが寄与。原価低減や販管費の計画的支出に取り組んだことも上振れに貢献した。

スターマイカ <2975>
21年11月期第1四半期(20年12月-21年2月)の連結経常利益は前年同期比33.6%増の9.6億円に拡大して着地。底堅い需要を背景にリノベーションマンションの販売が伸び、13.8%の増収を達成したことが寄与。デリバティブ評価損益が好転したことも大幅増益に貢献した。併せて、25万株(発行済み株式数の1.4%)または3億円を上限に自社株買いを実施することを発表。

<4180> Appier
主な事業はAIプラットフォームの提供。AI技術によってマーケティングとセールス領域で企業の持つデータの活用を進める。21年12月期の営業損益予想は15.51億円の赤字(前期実績は15.78億円の赤字)。売上収益は新規顧客獲得と既存顧客との取引拡大で前期比22.0%増の109.43億円に伸長するものの、上場関連費用などで赤字となる見通し。

AppBank<6177>
Jトラスト<8508>の代表取締役社長である藤澤信義氏が3月31日付で関東財務局に大量保有報告書を提出しており、これが材料視されているようだ。報告書によると、藤澤信義氏の同社株式保有比率は5.23%となり、新たに5%を超えたことが判明した。なお、保有目的は純投資としている。報告義務発生日は3月24日。

四季報記者が選んだ2021年度大バケ期待の15銘柄(4月1日更新)

Tスマート <6246>
21年3月期の経常利益(非連結)を従来予想の4億円→7.8億円に95.0%上方修正。減益率が87.3%減→75.2%減に縮小する見通しとなった。コロナ禍における厳しい経済情勢を受けた緊急収益改善策を実施し、コスト削減を進めたことが上振れの要因。業績上振れに伴い、今期の年間配当を従来計画の8円→16円(前期は50円)に大幅増額修正した。

サカイオーベックス <3408>
シティインデックスイレブンスが26日付で財務省に提出した大量保有報告書によると、シティインデックスイレブンスの同社株式保有比率は6.20%となり、新たに5%を超えたことが判明した。

 日本特殊塗料 <4619>
21年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結営業損益は0.9億円の赤字(前年同期は19.7億円の黒字)に転落した。会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した1-3月期(4Q)の連結営業利益は前年同期比18.6%減の6.9億円に減る計算になる。

日本パレットプール <4690>
21年3月期第3四半期累計(4-12月)の経常利益(非連結)は前年同期比22.5%増の6億3700万円に伸び、通期計画の7億0800万円に対する進捗率は90.0%に達し、5年平均の64.1%も上回った。

四季報記者が選んだ2021年度大バケ期待の10銘柄(3月24日)

ココナラ<4176>
19日にマザーズ市場に新規上場し、公開価格1200円に対して2300円で初値を形成し、初日は2599円で取引を終えたが、上場2日目となるこの日は、朝方から順調に買いを集めている。同社は、個人のさまざまな分野の知識・スキル・経験に基づくサービス・役務をユーザー間で売買するマーケットプレイス「ココナラ」の運営が主な事業で、足もとではビジネス利用の多い制作・ビジネス系が伸びており、ビジネス系の伸びによる業績拡大のほか、直近IPO銘柄ならではの値動きの軽さへの期待が高まっているようだ。

<3030> ハブ
ミクシィ<2121>との資本・業務提携を発表、ポジティブなインパクトにつながった。ミクシィが約10億円の第三者割当増資を引き受け、筆頭株主となる。同社では英国風居酒屋でスポーツ番組を配信しており、ミクシィが取り組んでいるスポーツ関連コンテンツ拡充におけるシナジー効果などを期待している。また、ロイヤルHDが保有株の一部をTech Growth Capitalに譲渡することも発表した。

船井電機 <6839>
21年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常損益は7.7億円の黒字(前年同期は14.7億円の赤字)に浮上し、通期計画の15億円の赤字をすでに上回った。会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した1-3月期(4Q)の連結経常損益は22.7億円の赤字(前年同期は1.1億円の赤字)に赤字幅が拡大する計算になる。

バーチャレク <6193>
21年3月期の連結経常損益を従来予想の1億2000万円の黒字→1億7500万円の黒字(前期は1億9100万円の赤字)に45.8%上方修正した。今期業績の上方修正は1月に続き、2回目。アウトソーシング事業で業務受託量が増加したほか、IT&コンサルティング事業で追加案件を受注したことが寄与。コスト削減や稼働率上昇なども上振れに貢献する。

四季報記者が選んだ2021年度大バケ期待の10銘柄(3月23日更新)

アジア開発キャピタル <9318>
21年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常損益は3.1億円の赤字(前年同期は4.9億円の赤字)に赤字幅が縮小した。直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常損益は1.1億円の赤字(前年同期は1.1億円の赤字)に赤字幅が拡大し、売上営業損益率は前年同期の-16.1%→-50.5%に急悪化した。

<2315> CAICA
米電気自動車大手のテスラが暗号資産(仮想通貨)のビットコインを15億ドル分購入したと伝えられ、これが買い材料視されている。テスラによる購入を受けてビットコイン価格は急騰し、過去最高値を更新した。CAICAは暗号資産に関するシステムなどのほか、ビットコイン相場を対象とするeワラントも手掛けており、関連銘柄の一角として物色されているようだ。

ズーム <6694>
発行済み株式数(自社株を除く)の7.14%にあたる16万株(金額で4億2848万円)を上限に、2月24日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。主要株主である莅戸道人氏が保有株の一部を売却する意向を示したことに対応する。

<3475> グッドコムA
販売用不動産の販売について決議と一昨日に発表している。販売物件は16物件で総戸数は724戸。販売価格は20年10月期売上高の約80%に相当する額であるとしており、売上は21年10月期に計上予定であるもよう。もともと21年10月期は高い売上成長を計画しているとはいえ、計画達成に対する安心感の強まり、並びに、一段の業績上振れが想定される形となっているもようだ。

四季報記者が選んだ2021年度大バケ期待の10銘柄(2月19日)

立花エレテック <8159>
21年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比38.3%減の27.7億円に落ち込んだ。併せて、非開示だった通期の業績予想は連結経常利益が前期比35.2%減の41.5億円に落ち込む見通しを示した。会社側が発表した第3四半期累計の実績と通期計画に基づいて、当社が試算した1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比27.8%減の13.7億円に減る計算になる。

<2315> CAICA
米電気自動車大手のテスラが暗号資産(仮想通貨)のビットコインを15億ドル分購入したと伝えられ、これが買い材料視されている。テスラによる購入を受けてビットコイン価格は急騰し、過去最高値を更新した。CAICAは暗号資産に関するシステムなどのほか、ビットコイン相場を対象とするeワラントも手掛けており、関連銘柄の一角として物色されているようだ。

<2656> ベクター
16日に月額固定料金が無料の電子署名サービス「みんなの電子署名」の提供を開始すると発表しており、これが引き続き買い材料視されているようだ。企業で導入が拡大しているテレワーク関連銘柄の一角として物色されているほか、行政がデジタル化に対応するため押印廃止を進めていることも買いを後押ししているようだ。

<5957> 日東精工
京都府立医科大学・富山大学などと共同で開発に取り組んできた「医療用生体内溶解性高純度マグネシウム」の開発に成功したと発表している。世界初の技術として特許出願を行っているようだ。同社としては今後、この素材を用いた医療用インプラント製品の開発に本格的に着手していく計画。医療用現場での採用が進んでいくとの見方から、中長期的な業績寄与を期待する動きが先行している。

四季報記者が選んだ2021年度大バケ期待の10銘柄

FRONTEO <2158>
21年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結営業損益は6500万円の黒字(前年同期は9億0700万円の赤字)に浮上し、通期計画の2億円に対する進捗率は32.5%となった。

ウインテスト <6721>
20年12月期(5ヵ月の変則決算)の連結経常損益は5000万円の黒字になり、21年12月期の同利益は1億2200万円の見通しとなった。直近2ヵ月の実績である11-12月期(2Q)の連結経常損益は1億8000万円の黒字となった。

三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306>
21年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比22.7%減の8406億円に減った。直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比15.4%減の2503億円に減った。

<2315> CAICA
米電気自動車大手のテスラが暗号資産(仮想通貨)のビットコインを15億ドル分購入したと伝えられ、これが買い材料視されている。テスラによる購入を受けてビットコイン価格は急騰し、過去最高値を更新した。CAICAは暗号資産に関するシステムなどのほか、ビットコイン相場を対象とするeワラントも手掛けており、関連銘柄の一角として物色されているようだ。

QDレーザ<6613>
同社は、レーザ技術を用いて半導体レーザや網膜走査型レーザアイウェアなどの開発から販売までを行う。公募株式数945万1800株、売出株式数410万7600株のほか、オーバーアロットメントによる売り出し203万3900株。主幹事はSMBC日興証券。

今買いたい大化け候補銘柄 2月12日

MTG <7806>
21年9月期第1四半期(10-12月)の連結経常利益は前年同期比33倍の14.3億円に急拡大し、通期計画の14億円に対する進捗率が102.3%とすでに上回り、さらに前年同期の2.6%も超えた。直近3ヵ月の実績である10-12月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の-2.4%→12.9%に急改善した。

 ニホンフラッシュ <7820>
21年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比3.2%減の30.8億円に減り、通期計画の46.7億円に対する進捗率は66.1%にとどまり、5年平均の70.8%も下回った。会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比7.5%増の15.8億円に伸びる計算になる。

アスコット<3264>
同社は首都圏で小型物件を中心とするマンション開発を手掛ける。中国平安保険の傘下でSBIグループなどからも資本参加を受けている。同社が12日取引終了後に発表した21年9月期第1四半期(20年10~12月)の決算は不動産開発事業で複数の分譲マンションや戸建て1戸の売却を収益に反映させ、営業利益が前年同期比3.2倍の8億9700万円と急拡大しており、これを材料視する形で短期資金の攻勢が加速した。低位株ということもあって個人投資家などの参戦が活発であり、上値は1月29日に上ヒゲでつけた高値309円を視界に置いている。

ミズホメディー<4595>
正午ごろ、21年12月期の単独業績予想を発表し、売上高75億9500万円(前期比80.6%増)、営業利益20億5800万円(同4.9倍)、純利益15億900万円(同4.9倍)と大幅増益を見込み、年間配当を前期比38円増の48円を予定していることが好感されている。

今買いたい大化け候補銘柄 2月9日

QDレーザ<6613>
同社は、レーザ技術を用いて半導体レーザや網膜走査型レーザアイウェアなどの開発から販売までを行う。公募株式数945万1800株、売出株式数410万7600株のほか、オーバーアロットメントによる売り出し203万3900株。主幹事はSMBC日興証券。

<2777> カッシーナ
20年12月期の営業利益を従来予想の5.30億円から7.55億円(前期実績5.22億円)に上方修正している。粗利率が予想を上回ったことに加え、経費管理を徹底したことが奏功し、利益を押し上げる見込み。第3四半期累計(20年1-9月)は前年同期比11.0%減の2.80億円にとどまっていたため、通期予想の上方修正はポジティブサプライズと受け止められているようだ。

<4582> シンバイオ製薬
21年12月期の営業損益予想を13.61億円の黒字(前期実績45.06億円の赤字)と発表している。自社販売への移行などで抗がん剤トレアキシンの国内製品売上高が206.4%増収の91.51億円となり、黒字転換に寄与する見通し。従来開発品に加え、抗ウイルス薬ブリンシドフォビルの開発も進める。また、23年12月期の営業利益目標を20.99億円とする中期経営計画を開示している。

ツクイホールディングス <2398>
21年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比7.5%減の27.8億円に減り、通期計画の39.6億円に対する進捗率は70.2%にとどまり、5年平均の80.3%も下回った。会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比23.0%増の11.8億円に伸びる計算になる。

今買いたい大化け候補銘柄 2月2日

持田製薬 <4534>
北海道大学、PuRECと脊椎関連疾患に対する新規治療の共同研究を開始。また、体外診断用医薬品「カルプロテクチン モチダ」について炎症性腸疾患診断補助の使用目的を追加。

愛三工業<7283>
21年3月期の連結経常利益を従来予想の9億円から33億円(同51.9%減)へ上方修正し、減益幅が縮小する見通しとなったことが好感されている。新型コロナウイルスの感染症拡大の影響に対応するため、緊急収益対策を実施するなか、中国や主要国の顧客向け売上高が回復することに加え、働き方改革の推進強化による固定費や変動費の抜本的な精査と見直しを通じた採算改善が利益を押し上げる。業績上振れに伴い、今期の年間配当を従来計画の15円から16円(前期は20円)に増額修正したことも評価材料となっている。

アルデプロ<8925>
1日の取引終了後、21年7月期上期(20年8月~21年1月)の連結経常利益を従来予想の7億1300万円(前年同期比47.3%増)から20億円(同4.1倍)へ上方修正しており、これを好感する買いが入っている。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ保守的に見積もっていた販売用不動産の売却が想定以上に進んだことが収益を押し上げた。なお、通期の経常利益は従来予想の25億7100万円(前期は23億5200万円)を据え置いた。

グローバルインフォメーション <4171>
20年12月期(非連結)の営業利益を前回予想の2.50億円から3.37億円(前期実績2.89億円)に上方修正している。国内での委託調査事業に加え、韓国と台湾での市場調査レポート事業の売上高が計画を上回ったことが背景。また、完全子会社のギブテックがコンサルティングやセミナー講演などで売上高を計上するに至ったことから、連結決算に移行するとしている。連結ベースでの20年12月期の営業利益予想は3.20億円となっている。