今買いたい大化け候補銘柄 10月7日

黒崎播磨 <5352>
21年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比43.7%減の13.2億円に落ち込んだ。併せて、非開示だった通期の業績予想は連結経常利益が前期比59.0%減の40億円に落ち込む見通しを示した。同時に、非開示だった4-9月期(上期)の業績予想は連結経常利益が前年同期比69.5%減の15億円に落ち込む見通しを示した。業績悪化に伴い、従来未定としていた今期の上期配当を40円(前年同期は100円)実施する方針とした。下期配当は引き続き未定とした。直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の6.6%→3.4%に大幅悪化した。

 カワセコンピュータサプライ <7851>
21年3月期の業績予想は経常損益(非連結)が2000万円の黒字(前期は1億3600万円の赤字)に浮上する見通しと発表した。同時に、非開示だった21年3月期第2四半期累計(4-9月)の業績予想は経常損益が500万円の黒字(前年同期は3500万円の赤字)に浮上する見通しと発表した。

大塚ホールディングス <4578>
20年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結税引き前利益は前年同期比21.9%増の1138億円に伸びた。併せて、通期の同利益を従来予想の1950億円→2000億円(前期は1735億円)に2.6%上方修正し、増益率が12.4%増→15.3%増に拡大する見通しとなった。会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した7-12月期(下期)の連結税引き前利益は前年同期比7.5%増の861億円に伸びる計算になる。直近3ヵ月の実績である4-6月期(2Q)の連結税引き前利益は前年同期比1.0%増の627億円となったが、売上営業利益率は前年同期の18.3%→18.0%に低下した。

サンテック <1960>
発行済み株式数(自社株を除く)の0.96%にあたる16万株(金額で1億1088万円)を上限に、9月28日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。また、発行済み株式数の5.56%にあたる100万株を9月30日付で消却する。

今買いたい大化け候補銘柄 9月18日

ウインテスト <6721>
20年7月期の連結最終損益は6億1900万円の赤字(前の期は6億3300万円の赤字)だったが、21年7月期は7億5600万円の黒字に浮上を見込み、17期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。

<8165> 千趣会
JR東<9020>との資本業務提携を発表、JR東が同社の第三者割当増資を約20億円引き受け、出資比率が12.46%の筆頭株主に。両社の商品開発やマーケティングなどのノウハウを生かし、ネット通販事業の拡大などを狙う。駅ビルや駅ナカにカタログ通販「ベルメゾン」の店舗を出店しネットとリアルを融合させ、両社のポイントプログラムも連携させるもよう。シナジー効果期待や信用補完などが期待材料に。

ソフトバンク<9434>
先月28日にソフトバンクグループ<9984>が保有する同社株のうち約9億2749万株を国内外で売り出すことを発表。14日取引終了後、売り出し価格は1株につき1204.50円で決定。これを受け、売り出し価格決定を意識してショート(空売り)を仕掛けていた筋の買い戻しが強まっている。配当利回りは6.5%と高水準で株価に割安感も出ている。

クスリアオキ <3549>
21年5月期第1四半期(6-8月)の連結経常利益は前年同期比38.7%増の48.9億円に拡大して着地。地域密着型のドミナント出店を継続し、店舗数が拡大したことが寄与。感染症防止対策としてのマスクや消毒液など衛生関連商品を含むヘルス部門の販売が大幅に増加したほか、調剤部門や食料品・日用品のライフ部門の売り上げも伸びた。

ピープル <7865>
21年1月期上期(2-7月)の連結経常利益を従来予想の4500万円→1億1400万円に2.5倍上方修正。従来の38.4%減益予想から一転して56.2%増益見通しとなった。コロナ禍で消費者の生活が変化するなか、屋内遊具や幼児向け自転車の需要が増加したほか、6月から一部量販店で先行発売した育児用品の販売も伸びた。利益率の高い国内販売の増加に加え、商品商談会や販促イベントの中止に伴う経費減少も利益を押し上げた。