四季報記者が選んだ2023年度大バケ期待の15銘柄(7月6日)

カルラ <2789>
24年2月期第1四半期(3-5月)の連結営業損益は9500万円の黒字(前年同期は2800万円の赤字)に浮上して着地。新型コロナウイルスが感染症法上の5類に移行した5月以降に売上高、客数ともに回復傾向となったほか、値上げによる客単価上昇や新メニュー導入なども奏功した。

ライトワークス <4267>
NTTドコモが提供する子供の未来を応援する保護者向けアプリ「comotto for Supporters」利用者に対し、抽選特典サービスとしてオンライン英会話クラウティを提供開始。

レオパレス21 <8848>
発行済み株式数(自社株を除く)の15.2%にあたる5000万株(金額で100億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は7月6日から24年1月5日まで。

ソシオネクスト <6526>
日本政策投資銀行と富士通 <6702> 、パナソニック ホールディングス <6752> による合計1262万4800株の海外売り出しを実施する。売出価格は7月11日から13日までの期間に決定される。

四季報記者が選んだ2023年度大バケ期待の10銘柄(6月29日)

 住友大阪 <5232>
24年3月期の連結最終損益を従来予想の60億円の黒字→95億円の黒字(前期は57.1億円の赤字)に58.3%上方修正した。保有する投資有価証券の売却に伴い、売却益約42億円が発生することが最終利益を押し上げる。

バルニバービ <3418> 
株主優待制度を変更。新制度では毎年7月末時点で100株以上を保有する株主に対し、保有株数に応じて3000~3万円の電子チケット(お取り寄せサイトの割引コードまたはオリジナル商品との組み合わせ選択式)を贈呈する。また、1年以上継続保有する株主を対象に年4回の応募式抽選会を開催する。

技研製作所 <6289> 
三井物産 <8031> と共同応募した「ブラジル国インフラ事業における超低振動・超低騒音な圧入工法のビジネス化実証事業」がJICAの中小企業・SDGsビジネス支援事業に採択。

アールビバン <7523>
発行済み株式数(自社株を除く)の1.37%にあたる15万株(金額で1億5000万円)を上限に、6月29日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。